設備とは

快適な住まい・工場等、の生活・作業空間を創造し、生産現場では、製品の質を高めるなど

建築に命を与えるもの…それは設備です。

 

よい設備は建物の安全性を高め、公害を防止し、省エネルギーを達成すなど環境へのやさしさと社会の要請に応えていきます。

 

建物の構成要素を人間の身体に例えると

構造: 骨格

意匠: 容姿

設備: 頭脳・神経・循環器・消化器・血管など

 

建物がその機能を最大限発揮するには、空調・換気給排水衛生・消防・情報などの設備がい設備がいかに重要であるか。

そこに居住、作業する人々に、快適で健康的な環境を提供し、居住性を高めるとともに作業効率の向上をもたらします。

また生産現場では、製品の品質確保、生産の向上にも大きく貢献します。

このように私たちの日常生活から産業社会まであらゆる分野に密接で重要な役割を果たし

ている設備は、日夜休みなく働いています。

 

建築にいのちを与えるものそれは設備です。